SSブログ
前の10件 | -

RP2040で音の再生実験 その4 [ds-DCCデコーダ]

 さて、木曜日は大雪の予報だったので、会社に行くのはやめて在宅勤務していましたが、なんか、一日中ほぼ雨でした。今日の夜から月曜の朝にかけても大雪になるかも!と言っていますが、一度外れると次は全く信じないのが経験則中心に生きている私の心、です。
 で、RP2040を使ったDCCデコーダですが、ソースをオープンにしないということに決まりましたので、やったことだけ書きます。まあ、ネットの情報を組み合わせて作っていますし、そのうち音関連の部分だけ切り出して公開しましょうか?
 で、RP2040のDCC用の実験ボードはいただいたのですが、音の部分については追加をたくさんしなければいけない状態ですので、問題が起きた時にどのモジュールなのか切り分けが全くできなくなるため、音部分だけ動かすモジュールを作って、ブレッドボードでデバッグをしています。
 こんな感じです。RP2040 Nanoを一瞬使いましたが、ちょっとした実験には、Flash容量の少ないRaspPi Pico(+リセットスイッチ改造してるもの)の方が使い勝手が良いので、そっちでやっていきます。
DSC03574.jpg

 音の再生速度=再生周波数の倍率を変更できるようにしました。せっかくなので、RP2040のinterpolator機能を使っています。この頃Googleの翻訳機能が優秀でDataSheetなんかのPDFも翻訳できるので(ページ数が多いと断られるので、必要な部分だけ抜き出しますが)、とても、楽です。
 で、動画です。
「扉が閉まります」「ご注意ください」をリピートで聞き続けて、気が狂いそうです・・・。


コメント(0) 

モノレールとか、ライブの席ガチャの話。 [その他]

 RP2040の実験は進んでいますが、リピート再生するとか、フローにするとかの段で、音のところにこんなバグがあるから直してみたいなところをこまごまとやっているので、ソースとしてお見せするものはありません。
 Nagodenさんから、RP2040用のデコーダ開発ボードが届きましたので、ブレッドボードは卒業して、そっちで開発をやっていこうと思います。
DSC03573.jpg

 と、これは今回の本題ではなく、今日は声優のライブに行っていました。ZeppHanedaでやっていたのですが、浜松町からモノレールで行きました。神奈川県民になってから、羽田空港へは、京急や高速バス、車なんかで行っていたので、なんか、乗るのは20年ぶりぐらいでしょうか?
 モノレールの軌条は古びていましたが、車両の速度計とかが液晶で新しいことに驚きました。
IMG20220130132901.jpg

 そして、オミクロン株のせいでとても空いていて、並ばずに運転席後ろに陣取れました。
IMG20220130131256.jpg

 で、ZeppHanedaから羽田空港の端の方を見ると、なんか飛行機がたくさん止まっていました。航空会社大変そうと思いました。
IMG20220130163440.jpg

 SelectionProjectというアニメのライブを見ていました。メインの楽曲の音域が広くてよいし、物語も面白かったので、見に行くことにしました。
IMG20220130141745.jpg

 さて、で本題です。ライブの席です。
コロナ禍になってから、立ち見ライブがなくなり、基本的に席があるようになりました。
ライブの席は抽選ですが、自分の席が悪いと、なんか、関係者はいいところに座っているとか、ファンクラブの偉い人だと前にいるんじゃないかとか、なんか思ってしまっていました。
どうなのかを確認すべく、ファンクラブに入っているもの、入っていないものも含めて、一昨年9月からから今年の1月まで、行った11件のライブについて、会場を正規化(縦方向は1階、2階、3階で連続して数えて正規化。一番前を1列目とする。横方向は座った列で左から正規化)したときにどういう風に偏っているかを見てみました。縦も横も正規化後の値が0.5になると、真っ当に抽選されているのねと考えられます。
で結果は以下の通り。
ライブの席について.png

縦は0.49で、1階、2階、3階を連続で考えた時に、ほぼ前後の真ん中が当たっている。横方向は0.44で、中央より少し左側が当たる傾向があったとなりました。
 席ガチャとして、損していないこと(当たっているのがいつも後ろの方じゃないこと)がわかって私は満足でした。
 それでは。

 
コメント(0) 

RP2040で音の再生実験 その3 [DCCデコーダ]

 気づいたら、1月も半分が終わっていますね。昨日はトンガの噴火が原因で、携帯から津波注意報が何回も流れていたようですが、私は気づきませんでした。理由は、ハーゲンダッツのラムレーズンを半分食べたのですが、アルコールがきつすぎて、寝込んでいたせいです。
 さて、RP2040での音の再生実験ですが、細々と続けています。(時間はすごいかかっています)
 動画として見せられるようなものはありませんが・・・。
DSC03571.jpg

やることは、
(1)PWMレジスタにDMA伝送する機能の追加。
(2)DMA用のバッファ(0.5秒分x2?)の定義の追加、バッファに書き出す処理の追加(今の割込みごとを、0.5秒分まとめてガツンと書くなど)
(3)LittleFSでのサウンドデータアクセス
でしたが、もちろん全然できていません。

 前回、(3)をやってみたものの、LittleFSでデータアクセスすると、処理量が増えるためか、同時発音が増えるとともに、音が揺れて遅くなるという現象があり、オシロで見ていてもPWM変更の割込みがずれまくります。
 で、原因はタイマーでした。
https://github.com/khoih-prog/RPI_PICO_TimerInterrupt
を使っていたのですが、もしかしたら使い方が悪いだけかもですが、割込みの呼ばれ方が、割込み処理が終了したら、XX us後にまた割込みが入るというもののようで、いろいろと処理が立て込んでくると、音用のサンプリングクロックが遅くなっていたようでした。
 調べていったら、もともとpico SDKにある、repeating_timerで十分で、
https://qiita.com/keyyum/items/3ce448c098c546dced20
に、わかりやすく書いてありましたが、-の値を入れると設定したタイマー周期で呼び出してくれることがわかりました。音も揺れなくなったし、コンパイルのWarningも出なくなったし、早速乗り換えました。
 https://raspberrypi.github.io/pico-sdk-doxygen/group__repeating__timer.html

 メモですが、デバッグしているときに、割込みに時間がどのくらいかかるのかというので、Arduino標準のdigitalWriteを使ってPinに出力を出してオシロで見ていたのですが、RP2040には、gpio_putという高速な命令があります。
一回の時間を計ってみたら、
digitalwrite:672ns
gpio_put:39ns
と17倍速いです。
 というかDigitalWriteを使うと、割込みの時間を計っているつもりがdigitalWriteの時間を計っているような状態になっていました・・・。割込み内の処理(PWMの切り替えとBuffferの切り替え)は
500ns~600nsぐらいで、なんか工夫しないでも十分速いです。

 次に、音のRepeatの話です。Esuと同様のものを目指すなら、音が終了した後に継ぎ目なく、次の音を入れないといけませんが、そこをBufferでとなると、配列のどこからどう入れるかというので、音の継ぎ目が・・・と試行錯誤しながらできました。順序回路で作り直しました。44KHzでも、サイン波のなかに、1個だけ唐突に0とかが入っていると、継ぎ目音として聞こえます。
 ということで、現在、の出来は、
・100ms周期程度のバッファ(Ach,Bchの2ch)
・モノラル同時8音の発声
・44kHz 8bit(DAC(PWMだけど)を10bitとしているので、元音は8bitでよいのかなあと思っている。44kHzなら125MHzなので、11bitぐらいまでなら可能。I2S使うなら16bitも可能かと思うけど)
・同じファイル/違うファイルで継ぎ目のない、継ぎ目再生
が可能となりました。
次は、
・フローファイルに基づいて、音をだす(警笛のStart,Repeat,Endみたいなところ)
・各音のボリューム機能( interp機能でとても速くできそう。)
https://raspberrypi.github.io/pico-sdk-doxygen/group__hardware__interp.html
・音階を変える機能(できると、疑似音の和音での遷移ができるが、必要かどうかは不明)
・べた書きしたもののクラス化。
あたりです。

 今回のスケッチになります。
https://desktopstation.net/wiki/lib/exe/fetch.php/timer_test2_752_31.zip
 なお、前回までA0ピンにPWMを出していたのですが、デバッグ中の不注意で12Vを入れてしまい、A0~A3が死んでしまいましたので、現在D4に出しています・・・。
 あと、Core1で実行すると、グダグダになります。(割込みとかも守られないし、それに合わせて音もとぎれとぎれ、・・・。なぜでしょう。)

(1)、(2)のDMA関係はArduinoでのPIOのコンパイル環境がまだなさそうですので、誰かが作ってくれてからにしようかなあと思います。
 
コメント(0) 

RP2040で音の再生実験 その2 [DCCデコーダ]

 今日は箱根駅伝でした。沿道での感染はお控えくださいと主催者が案内していたような気がするので、見に行きませんでしたが、テレビで見ると、観戦者がいっぱいですね。まあ、オミクロン株って重症化しないようですし、リスクは低いってことですかね。
 で、本題ですが、年末に、やあさんさんから、以下のメールが・・・。面倒なので、ほぼ原文を書いてしまいますが、
ーーーーーーーーーーー
RP2040となり機能が増えているので、以下の2つの対応を順次、やっていければと思ってます。
【DMA伝送】
(1)PWMレジスタにDMA伝送する機能の追加。
(2)DMA用のバッファ(0.5秒分x2?)の定義の追加、バッファに書き出す処理の追加(今の割込みごとを、0.5秒分まとめてガツンと書くなど)
→割込みごとにPWMを書いているとCPUが食われるので、それを自動化する。DMA化することで同時発音数をさらに増やせるのではと。
あとのちのちのサウンドシーケンス(LokProgrammerのブロック図の状態遷移の実行)を実装するには必須になります。
【ファイルシステム対応】
(3)LittleFSでのサウンドデータアクセス
(4)LittleFSのファイルシステムに置くバイナリデータの作成ツールDSwav2の修正、バイナリ出力機能の追加(やあさんさんの仕事です)
ーーーーーーーーーーー

で、音声ファイルを16MByteも入れられる、Nano RP2040も送っていただいたので、さっそく実験です。
DSC03567.jpg

 (1)は難しいので、(3)、(2)の順に進めています。
 まず、(3)「LittleFSでのサウンドデータアクセス」ですが、1音だと、事前にファイルをオープンして、割込み中にファイルアクセスしてもとりあえずは音が出ましたが、複数音だと、うまくできませんでした。ということで、LittleFSを使ってのファイルアクセスはできましたが、現状のPWM割込み部分にすべて詰め込もうとすると、全然ダメです。
 次に(2)「DMA用のバッファ(0.5秒分x2?)の定義の追加、バッファに書き出す処理の追加(今の割込みごとを、0.5秒分まとめてガツンと書くなど)」ですが、最初リングバッファ作って・・・と半日ほど考えましたが、なんか良い案が思いつかずに眠気だけが出てきてたので、それはやめて、字面通りの方法をとることにしました。ただし、現状は以下のいくつか制約付きです。
・もちろんDMA非対応です。
・バッファの最初からしか音は鳴らせない(将来的には、オフセットをつけて、バッファの途中からならすことも考えようかとは思う)
・バッファの途中でファイルが終わったらあとは無音(そのうちリピートモードを実装しようかとは思う)
。音のchは6chとする(For文を追加するだけで処理時間が間に合えば音の数は増やせるが・・・)
 スケッチです。
https://desktopstation.net/wiki/lib/exe/fetch.php/timer_test75.zip
 まあなんとなく作れましたが、音の周波数やバッファの大きさによって、制御がバグったりしたので、PWMの割込みと、バッファ制御計算部分にどのくらいの時間かかっているのかオシロで確認しました。
 ところで、PWMの制御は、bool TimerHandler1(struct repeating_timer *t)
で行っており、中身はバッファA、バッファBの切り替えと1byteずつ音を出していくという作業をしています。
 また、バッファ制御計算部分は、void manage_wave()
で、行っており、この関数はLoop()から呼ばれ、バッファが切り替わっているフラグをつかんだら動きます。各chについて音を鳴らすフラグが立っていたら、音をコピーし始めます。バッファ分だけファイルからPWMのバッファへコピーします。次に呼ばれたときに音の再生が終わっていなければ、またバッファ分だけコピーします。

 で、まずはPWMの制御がどのくらいの時間かかっているのかオシロで確認しました。
DSC03569.jpg

 デバッグ用に出力ピンを設定して、黄色い波形のパルスが立っているところがPWMの制御を行っているところで、1.13us程度で終わっています。ただし、このインターバルに問題がありました。
 なんか、踏切の音は低いし、車内放送の声が低くて暗いなと思っていたら、出力周波数が微妙に低かったです。
 Setup()のITimer1.attachInterruptInterval(TIMER1_INTERVAL_us, TimerHandler1);
の、TIMER1_INTERVAL_usで割り込みのインターバルを設定しているのですが、実出力からみると、+5usのインターバルになるようです。インターバルは下記で設定しているのですが、-5usするように直しておきました。これで、車掌さんの声もやる気がみなぎるようになりました。(最初の方の#define)
//44k 22->17
#define TIMER1_INTERVAL_us 17
//32k 31 -> 26
//#define TIMER1_INTERVAL_us 26
//16k 62 -> 57
//#define TIMER1_INTERVAL_us 57
//8k 125 -> 120
//#define TIMER1_INTERVAL_us 120

 次に、バッファ制御計算部分ですが、こちらは、
void manage_wave()で行っています。
 こちらもデバッグ用に出力ピンを設定して、オシロで青いパルスが立っているところが処理中です。
 バッファは8KHzの時に1024Byteとして、一秒に7回ぐらいは反応してくれるようにしております。
 バッファ数は下記で定義しています。(最初の方の#define)
//#define BUF_LENGTH 32768
//#define BUF_LENGTH 16384
//#define BUF_LENGTH 8192
#define BUF_LENGTH 4096
//#define BUF_LENGTH 2048
//#define BUF_LENGTH 1024

また、周波数によって、読み出すファイルを変更しています。(Setup()内)
//String dir = "/8kHz_8/";
//String dir = "/16kHz_8/";
//String dir = "/32kHz_8/";
String dir = "/";
 ルートフォルダに44KHz版を入れています。

 この時、同時発音数を振って、処理時間のパルス幅を確認した表が以下になります。
データ数と処理時間.png

 44KHz、バッファサイズ4096で6音同時に出したとき、35.1ms処理にかかり、インターバルに対する処理の占有率は32%程度となります。(ただし、この後に、PWM制御の割込みインターバルがおかしいことを見つけたため、もう少し占有率は高いかも)
 まあ、まだバッファ制御計算部分は適当に書いていて、速くできそうな感じはあるので、あまり気になるところではありません。

 あと、波形を見ていて気になったのが、音が揺れることがあるのですが、PWM制御の割込みを見てみると不安定です。黄色いパルスで真ん中のパルスでトリガーをかけてそろえているが、右のパルスが二重に見えている→パルスが揺れている。
クロックがふらつく.jpg

 なんか、バックグランドでこそこそ他の処理が動いている感があります。
 例えば、今回のスケッチに入れているvoid serialEvent()
 をトリガーに確認してみると、その前後で、PWMの割込みが数クロック消えるのが見えました。
 また、Core1は使っていないからいいかなあと思って、Setup1(),loop1()にスケッチを移してみてみたら、PWM制御の1.13usが大きく間延びすることもあるなど、やばそうな現象が見られました。
 まあ普通に考えて、割込み内では、ほかの割込み禁止!の命令を入れるべきだよなあとそういえば思い出しました。なんて命令だろう・・・。
 PWMのところはPIO化か?ちょっと敷居が高そうだけど、そのうち。
 
 今後ですが、16bitのWav対応、音の切れ目ないリピート、二つの音をシームレスにつなげる方法などをやっていこうかと思います。

コメント(0) 

RP2040で音の再生実験 [DCCデコーダ]

 お台場のヴィーナスフォートが来年の3月で閉店ということで、12/29に見納めに行ってきました。若い頃はよく行きましたが、近ごろは、外国人観光客も増え、また子供向けの施設でもないような気がしたため、足が遠のいていました。まあ、中はあまり変わっておらず、記憶を思い出しつつ適当に360度カメラで写真を撮っておきました。
 で、本題ですが、やあさんさん、なごでんさんと次期DCCデコーダに向けて話し始めていて、Raspberry Pi Pico RP2040でDCCデコーダー作るときにちゃんと音が出せるかどうかの確認を始めました。
 今まで使っていたDIYデコーダに使用していたATMega328P(1Core,8bit,8MHz,32kbyte)に比べ、raspberry pi Picoに搭載されているRP2040は2Core、32bit、125MHz,Flash2MByteとそれぞれのスペックがCore2倍、CPUビット数4倍、動作クロック15倍、メモリ62倍と、掛け算すると今までの約7000倍の可能性があることになります。(ほんとか?)
 今まであった制約は、
・効果音は、メモリが足りないので長時間のクオリティの高い音をでファイルが入れられない。(頑張って8kHzで4秒ぐらいだった)クロックが低いため、同時発音数を一音に限った。
・モーター疑似音も、音の長さが取れず、大きさの調節が難しく、和音も出せず、結果として音が残念になっていた。
 です。
 今回RaspberryPicoで、ArduinoIDEでコンパイルでき、ライブラリも使えるものは使えるらしいということで、適当なスケッチを作り、音を出してみました。
 あとで大体忘れるので、過程も書いておきます。
 やあさんさんの記事を参考に環境構築します。
 具体的には、RP2040開発環境をArduinoIDEに入れます。
「ファイル」→「環境設定」
追加のボードマネージャで
https://github.com/earlephilhower/arduino-pico/releases/download/global/package_rp2040_index.json
を指定して、
Raspberry Pi Pico/RP2040をインストール。1.9.9を入れました。

ArudinoにRaspberryPiPicoを認識させる方法ですが、最初のおまじないとして、
①リセットボタンを押しながらUSBケーブルを挿して、PCにPicoをストレージとして認識させる。
(このときCOMポートとしては認識しない。)
②この状態で、スケッチを書き込むと、IDEから認識されるものがCOM4(Raspberry pi pico)のような表記となり、この後は認識されています。
次からは、何も考えずにスケッチは書き込めるようになりました。
Comポートをシリアルモニタとかで開きっぱなしにしていると、書き込み時にエラーが出ました。

 次に音を出すための割込みですが、今までのモノはATMega328P専用で作っていて当該bitをいじってやっていましたので、そのまま流用できません。RP2040のタイマー割込みを確認すると、二つあるそうです。

高レベルAPIのpico_timeとhardware_timerの2種類が用意されているようですが、

https://raspberrypi.github.io/pico-sdk-doxygen/group__hardware__timer.html#details
https://raspberrypi.github.io/pico-sdk-doxygen/group__pico__time.html#details

なんか、スケッチを動かすと、comポートが認識されなくなり、どうやらちゃんと動かないです。

ということで、RPI_PICO_TimerInterruptを使います。
https://www.arduino.cc/reference/en/libraries/rpi_pico_timerinterrupt/
私の時は、RPI_PICO_TimerInterrupt 1.1.1でした。
ソースは以下のようです。
https://github.com/khoih-prog/RPI_PICO_TimerInterrupt
とりあえず、これで割り込みができるようになりました。

 次に音をどう出すかですが、流行りので行くとI2Sで出す!だと思うのですが(それ用のPIOとかも世の中のライブラリにあるようですし)、まあ、デバッグとかも考えると、PWMで出して、LPFかけて、アンプで増幅していいか?ということにしました。
 具体的には、基板のA0端子からPWMを出して、それを昔作ったアンプ基板386でLPF+増幅して、スピーカーから出すことにしました。アンプ基板386は12V必要なので、PicoとGNDだけ共通にして、別電源から12V供給しています。
 で、今回の実験環境はこんな写真になります。
DSC03566.jpg

 スケッチはこちらになります。
https://desktopstation.net/wiki/lib/exe/fetch.php/timer_test5.zip
 スケッチの操作方法は0~6 をSerialで送信すると、その音がなり、cで音を消します。

 スケッチで使用している音源は、
https://desktopstation.net/sounds/mp3.html

・サウンドパック・日本版 R3 (Mar 20, 2014)
・185系 特急踊り子 (2021/5/31)
から拝借して、Wav変換して使用してます。

 動画は以下です。





コメント(0) 

今年もそろそろ終わりですね・・・。

 お久しぶりです。
 ここ。数年、仕事が忙しくて、何か、人生いまいちです。
 それはさておき、
 Desktopstation様で、プレゼント付きのDCCアンケートしていますので、ぜひお答えいただいたらと思います。
 年末年始は、電子工作をしようかと思っています。多分。

コメント(0) 

PLCの勉強をするか? [その他]

 土曜日に秋葉原に行ったら、山手線の内回りが池袋、大崎間で運休ということで、電光掲示板の電車の到着時間表示がかなりアバウトになっていて、珍しいのでみんな写真をとっていました。
re_IMG20211023155020.jpg

 外回りの電車の一部が大崎折り返しのようで、外回りで時々大崎行が来ていました。(上野駅)
re_IMG20211023155932.jpg

 内回りは10分毎ぐらいに来ていて、池袋行でした。写真撮っている人がたくさんいました。
re_IMG20211023160217.jpg
re_IMG20211023160300.jpg

 で、本題ですが、少し前に、ラズパイでPLCみたいな記事をどっかで見かけたと記憶があったのですが、このごろ、会社でPLCのラダーをなんとなく把握しておかないといけないような仕事があるので、PLCの勉強をやってみることにしました。
 ラズパイでPLC ハード&開発環境編という本が出ていたので、買いました。ついでに、秋葉原の秋月電子に行って、基板と、部品セットを買ってきました。(基板は、CQ出版に手紙を送ると、タダでもらえるそうですが、この土日でやりたかったので、基板も買いました)
re_DSC03561.jpg
 
 で、組み立てましたが、一か所やらかしました。40ピンのラズパイに繋ぐピンソケットですが、シルクがおもて面にあるので、そっちにハンダ付けしたら間違いでした。正しくは、裏面に実装すべきもので、ヒートガンでソケットを溶かしながら取っ取って、リードの穴を一つずつ爪楊枝で開けて、裏面から新しいソケットを入れて・・・と半日仕事になってしまいました。
re_DSC03562.jpg

 ということで、勉強しようとPLCのラダーの勉強をしようと思います。本の最後は鉄道模型の自動運転という章もありました。

 あとは、ツクモにCore i7-9700Fの未使用品が23800円で売っていたので思わず買ってしまいました。今のPCはCore i5-8400で、なんとなく遅いなあと感じていたので。家に帰って載せ替えてみましたが、まあ、なんとなく早くなった気はするけど、そんなに変わらないかもです・・・。自己満足ですかね。

コメント(0) 

nagodenさんのUSB マスコン基板 [その他]

 なごでんさんがUSBマスコン基板の頒布を開始ししました。
 私も数週間前に、動作確認用に分けて頂いており、それに合わせてSwitch用のZuikiのコントローラを買いました。
re_DSC03557.jpg

Zuikiのコントローラは十字キーもついているのでメニューも楽に動かせますし、なんかPやEBに入れるときはハンドルの横の銀色のボタンを押しながらじゃないと切り替わらないなど、なんか、本物っぽいです。(本物がどうなっているのか分かっていなかったりしますが)
 で、USBマスコン基板の動作確認しました。
re_DSC03558.jpg

 S88でも、LocoNetでも問題ありませんでした。S88 Joyはマイコンなどの制約でレスポンスが早くないので、将来的にはどうにかしてほしいです。I2Cはどうかなという話を内輪でしてたりします。この基板はすでにI2Cの端子も出ています。
 動作確認中、S88の信号が出ない不具合があったのですが、はんだ付け不良でした。
re_DSC03559.jpg

 ArudinoUnoの重ねるピンヘッダ/ソケットはハンダ付けが少々特殊なので、気を付けようと思います。
re_DSC03560.jpg

 
コメント(0) 

DD51の基板でも作るかどうか・・・。その0 [DCCデコーダ]

 さて、ブログを更新していなかったら、ブログが広告だらけになっていました。
 久しぶりですが、DesktopStation様からNEXT18の新しいコネクタができたので、確認してください的なものが来たので、DE10基板にはんだ付けしてちょっと確認をしてみました。以前のものよりも挿すのに力が要りますが、いいんじゃないかと思います。(電気的なものは確認していません)
 それと、そういえば少し前の電子工作連合の飲み会でKATO DD51 HOも基板ほとんど一緒だから、それ用のNEXT18基板作ったらいいんじゃない的な話もあったので、そこら辺を検討してみました。MECYさんはDE10基板でDD51に搭載されていますが・・・。
 一応DD51の説明書によると電流は0.4Aとのことで、NEXT18は0.7Aまでいいんだっけ?なので、とりあえずの問題は無いかなあということで、考えてみます。

 なぜか、昔、普通の赤いDD51が無性に欲しくなって買っています。多分、MECYさんのDD51北斗星を見てて欲しい!となった気がするのですが、買ったら安心して押し入れの奥に眠っていました・・・。を出しました。

 まこぱぱのいろいろ様の「HO(16番) KATO DD51分解の仕方」の説明通りにDD51を分解します。最初ボディーを引っこ抜こうとして、四苦八苦してしまいました。
 ライト基板は写真のようになっています。(下の写真、分解時の方向が分かっておらず、向きがおかしいかもです)
re_DSC03548.jpg

 DE10の私の基板と比べるとこんな感じで、 集電部とモーター接続部はそのまま使えそうです。
re_DSC03549.jpg

 ただし、ボンネットギリギリに基板があるため、DE10のように基板の上にデコーダはおろか、表面実装パーツも載せない方がよさそうな感じがします。永末システムのデコーダもそうしているようですし。
 横から見ると、下の部分は割と実装してもよさそうです。右側の下側にデコーダを付けようかなあと思います。
re_DSC03550.jpg

 入りそうです。
re_DSC03556.jpg

re_DSC03555.jpg

 幅も今まで通りで問題なさそうです。
re_DSC03552.jpg

 ということで、DD51基板でも作るか・・・。

コメント(0) 

PLUMのキハ200素組み [プラモ]

 台風が来て、今日は雨のためちょっと気温が下がって過ごしやすいです。セミも元気に鳴いています。
 で、今週は夏休みだったのですが、小湊鉄道のキハ200形[前期]が届いたので、素組みしました。そのうち動力化、DCC化するつもりですが、まずは、プラモとして楽しみます。
 一応、先に完成したものを載せておきます。作った後に気づいたのですが、狭軌のはずなのにHOの線路に乗ります。
DSC03537.jpg

 逆側はこんな感じ。
DSC03532.jpg

 ホースとかも色塗りされており、ガンプラを色塗りしないで作る以上のことはしたくない私にとってはとてもうれしい配慮です。ガンプラとの違いは、接着剤がないと固定が難しいところがあるのと、シールではなくデカールというところです。
 つかった工具は以下のものです。老眼グッズが増えていきます。
DSC03540.jpg

 で、元に戻って、箱を開けると、部品が結構多いです。
DSC03526.jpg

 説明書を見ると、天賞堂のパワートラックを載せるためのパーツを選べるようになっています。
DSC03527.jpg
DSC03528.jpg

 車両の正面につけるホースとかは色塗りされています。
DSC03529.jpg

 窓枠のサッシも銀色に塗られています。
DSC03530.jpg

 結構、接着剤なしで嵌めていけるパーツが多いです。あとで、電動化、DCC化のために分解しないといけないので、接着は極力したくないですし。
 で、作っている最中私は一か所だけパーツを壊しました。台車のブレーキのパーツだと思います。
 車輪にあたる部分がランナーとつながっていて、その部分を一生懸命ニッパで取っていたら、折れました・・・。そのあと、接着剤でつけましたが。
DSC03531.jpg

 完成して、Katoの完成品との大きな違いは、床下が精巧な気がするところです。
DSC03533.jpg
DSC03534.jpg

 台車を見ると、HOゲージでした。本物は狭軌のはずなので、ここだけサイズが違うんでしょうね。
DSC03535.jpg

 下回りを天賞堂のパワートラックがつけられるものに変更して、
DSC03542.jpg

 嵌めます。床下機器や連結器にぶつかるので、いろいろと考えないと急カーブは曲がれなさそうです。
DSC03543.jpg

 線路に乗せると、良さそうな感じです。
DSC03541.jpg

 モーター車でない方の車輪も天賞堂の車輪に入れ替えてそのまま使えたら楽だなあと思いつつ嵌めてみました。しかし、台車幅に比べて車輪幅が大きく、そのままではだめでした。
DSC03546.jpg

 プラモに入っていたパンフレットによると、DT22台車枠(日光モデル、エンドウなど)をつけましょうと書いてありました。買おうか、どうしようか? 値段もあまり変わらないし、いっそのこと、パワトラ二個つけた方が楽か?それとも、なんちゃってDT22を3Dプリンタで適当に作るか?
DSC03547.jpg

 DCCを載せるなら、1年以上前に作った記憶のあるパリピ電車のデコーダを載せ替るか、OpenSoundかと思っています。

コメント(0) 
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。