SSブログ

電車でGoコントローラをS88規格につなげるための3番目の実験 [S88]

 さて、電車でGoコントローラをS88に付ける話ですが、速度メーター代わりの液晶ぐらいは付けておこうかと思ったので、秋月のバックライト付きI2C液晶を付けました。
 一応、問題なく、動きました。液晶のブレッドボードへの付け方が変なのはご愛嬌ということで。
re_DSC01048.jpg
 で、次に、9月の半ばにアメリカかカナダに注文していたPS2のコネクタですが、こちらも予定通り、二週間程度で届きました。送料が10ドルぐらいで高かったので、書留をやめるというケチりかたをしたのですが、かなりドキドキしていました。
 物は、思っていたものと少々違っていました。
re_DSC01049.jpg
 もっと、基板にがっちり固定できるものを想像していたのですが、PS2-USB変換器をばらした時と同様な感じで、「固定は筐体とやってね」という思想のようです。
 ということで、どういう風に基板と固定しようかをもうちょっと考えます。
 で、S88_Mascon基板ですが、とりあえず、回路図は書きました。RAIL_DATA(DCC信号を受けるピン)も適当にATMEGA328に入力しています。ただし、スマイルデコーダで使用している2ピンはすでに使われているので、7ピンにしておきました。ライブラリを見る感じでは、どのピンに入れても大丈夫そうなので。
PCDetectorK4.PNG
 すごいことにArduinoのすべての入出力ピンを使っています。貧乏性なのでフルに使えるとちょっとうれしいです。 
・基板の大きさはS88_16port用と同じ大きさ、穴位置にしようかと考えています。
・アクリルの板を一緒に頼もうかなあと思っています。
・本体基板にはスイッチの類は付けません。電車でGoコントローラにボタンはついていますし。

コメント(0)  トラックバック(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0