SSブログ

電車でGoコントローラをS88規格につなげるための7番目の実験 [ジョイスティック]

 S88 Mascon Controlボードの液晶部分の設定とかを作っていました。
 ただし、Yaasan様提唱の通信規約にはまだしていません。
 S88の16ビットを使って、スピードに11ビット割り当ててあとの5ビットにボタンの状態を割り当てています。
 通常の動かすモードでは、
・マスコンで列車のスピードの調整
・セレクトボタンでファンクションの切り替えF0~F2、F3~F5、F6~F8、F9~F12のトグル
・A,B,Cボタンでファンクションのオンオフ、F0~F2ならF0;A,F1;B,F2:C
・Startボタンで列車の方向切り替え
・Startボタンの長押しで設定モードに入る

設定モードでは
・列車番号の変更(作っただけでまだS88には送るところは作っていない)
・マスコンの操作モード切替
 NORMAL・・・DesktopStationの方法(加速、減速を操作する)
 SPEED・・・加速1段で20Km、2段で40Kmのようにあるところまで加速するようにする。
・マスコンの加速レートの変更
・速度最大値のとき、液晶表示の最大速度を何Kにするかの設定

マスコンの操作モードについては、Tomixの鉄コレの運転台型コントローラの動画を見ていたら、各段とも加速時はあるスピードまでで、減速時は減速動作(ある定数をスピードから引いていく)という形だったので、そういうほうが良いかなあと思いました。
 二個作って、繋げても普通に動きました。来週のDCCFestに持っていくつもりです。
 メニュー部分はボタンに対しての反応や長押し、メニューをどうするかなどやりはじめたら、一日で終わりませんでした。

コメント(0)  トラックバック(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0