So-net無料ブログ作成

猫屋線をDCC化+ディーゼル音 [ds-DCCデコーダ]

 (最初に宣伝を)
 DCC電子工作連合が1218ホビセンフェスティバルに参加します。詳しくは、電気屋の毎日様の記事でご確認ください。(私は他に用があり出られません)

 さて、今日はせっかくなのでスターウォーズのローグワンを見に行きました。昨年のフォースの覚醒?はかなり残念でしたので期待していなかったのですが、とても面白かったです。ただし、3D用に作っているためか、奥行きを出そうとして、制作者が見せたい中心部分以外の手前と奥がピンボケになるため、かなり映画として見づらかったです(私が見たのは2Dの吹き替えです)。SFって、背景の細かいところが楽しいので、みんな人物なんか見ないで、背景見ていると思うのですが、そんな背景がすぐにピンボケになる。私の見方が変なのですかねえ?
 今年の後半は、わたし的に、ゴジラ、君の名は、聲の形、この世界の片隅に、ローグワンと当たり映画が多いです。
 で、家に帰ってから、まず、あやのすけ様のところで見てほしくなって買ってしまったOLED2種(これこれ)を試しました。amazonのレビューに書いてあった通り、描画が遅いです。I2C版を買ったのですが、SPIだともう少し速いのでしょうか?。発色はとてもきれいです。
re_DSC01188.jpg
 そして、猫屋線をDCC化しました。
 まあ、鉄コレ動力から線路の線とモーターの線を引っ張り出して、Yaasan様から評価用にいただいたDSDecR5とアンプ386基板となごでん様のキューブスピーカーをつないで、少し前に作ったディーゼル音スケッチ(不評)をいれただけですが。
re_DSC01189.jpg
 容積を増やすために、中の窓パーツは天井部分をくりぬいています。
re_DSC01190.jpg
 途中、アンプ386基板での電源供給+12VとGNDを逆挿ししてしまい、電解コンデンサが破裂して、猫屋線から爆発音と煙が出ましたが、(そして、アンプ386基板が一枚逝ってしまいましたが、)予備を使って、どうにか作りました。(予備基板はカットオフ周波数が700Hzとちょっと低い)
 動画は以下です。

 本物のノッチオフ時はアイドリングではなくエンジンブレーキみたいなモード(無音?)かもです。
 DSDecR5はモータードライバにサンケンのを使用していたと思いますが、今までのロームのに比べ癖があります。
 サンケンのではCV2:120、CV5:162で、ロームだとおそらく鉄コレはCV2:30,VC5:80程度となると思います。速度の上がり方が線形でなくて、速度が40%以上では変わらないなど、特性が使いづらいような気がします。

コメント(4)  トラックバック(0) 

コメント 4

やあさん

pwmのモータドライバは非線形なはずはないです。dutyの電圧は問題ないことは確認してます。

たぶん、モーターの電圧速度カーブが非線形か、もしくはモータ制御ソフトがバグっているかのどちらかです…。あとはキャリア周波数設定が変とか。
来週確認します。
by やあさん (2016-12-18 04:28) 

ラスカル

うぉぉぉ  すばらしぃ
あっという間にディーゼル音ができてしまったのですね。
一瞬MP3デコーダいらないと思ったけど、あと警笛音などが出せたら
これはこれでいけそうですね。

by ラスカル (2016-12-18 23:08) 

MECY

素晴らしいです。念願だったディーゼル音!このタイミングでの登場、ホビセンのサウンドカードを意識してのことでしょうか?
by MECY (2016-12-19 07:55) 

fujigaya2

>pwmのモータドライバ
→すいません。確認お願いいたします。
>ディーゼル音
→スケッチはMp3用を使用していますので、「第三のサウンドデコーダ」の試作品でもMp3付きで動くと思います。ただ、ずっと音を鳴らし続けるタイプなので、レギュレータが熱くなるかもです。(そのうち試します)
>ホビセンのサウンドカードを意識してのことでしょうか?
→富井電鉄猫屋線がキハと気づいたので作りました。(気動車の音は作るつもりはありませんでした。サウンドカードのことは知りませんでした。)
by fujigaya2 (2016-12-19 22:17) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0